ルイスレオン・サンチェス(Luis Leon Sanchez)【スペイン、アスタナ】

プロフィール

名前:ルイスレオン・サンチェス(Luis Leon Sanchez)
国籍:スペイン
チーム:アスタナ

年齢:[get_age birth=”19831124″]才
身長:187cm
体重:74kg
脚質:オールラウンダー、パンチャー

主な戦績

2005年ツアー・ダウンアンダー(2.HC)総合優勝、ステージ1勝、新人賞
2007年パリ〜ニース第6ステージ優勝、総合3位
2008年スペイン国内TT選手権優勝
2008年ツール・ド・フランス第7ステージ優勝
2009年パリ〜ニース総合優勝
2009年ツール・ド・フランス第8ステージ優勝
2010年スペイン国内TT選手権優勝
2010年クラシカ・サンセバスティアン優勝
2011年スペイン国内TT選手権優勝
2011年ツール・ド・フランス第9ステージ優勝
2012年スペイン国内TT選手権優勝
2012年ツール・ド・フランス第14ステージ優勝
2012年クラシカ・サンセバスティアン優勝
2014年ブエルタ・ア・エスパーニャ山岳賞、敢闘賞4回

レビュー

2004年にリバティセグロス[1]2006年に解散でプロデビューし、ステージレースでステージ勝利経験を重ねて行きます。

国内TT選手権を4度制覇するなど、独走力が高く、また2010年ツール総合10位、2010年ブエルタ総合9位と、登坂力も兼ね備えたオールラウンダーとして活躍して来ました。

近年は、爆発的な登坂力は鳴りを潜め、時には山岳アシストとして、時にはパンチャーとしてステージ優勝を狙うようになりました。

独走力・登坂力以上のLLサンチェスの武器はダウンヒルです。

2015年ブエルタ第20ステージでは、エースのファビオ・アルを超級山岳からのダウンヒルでアシストして、見事に逆転でマイヨロホを獲得することに成功しました。

一方で、ワンデーレースでの勝利経験はあまりありません。

モニュメントで最も良い成績は、2016年ミラノ〜サンレモの11位です。

地元スペインを走るクラシカ・サンセバスティアンとは相性が良く、2010年・2012年と2勝しています。

今後も、ステージレースを中心にエースのアシスト、パンチャーとしてステージ優勝を狙って走っていくと思います。

References

References
1 2006年に解散

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)